オープンスクールでも使える格安印刷の紙袋

   

オリジナルの紙袋の利用で多いものの一つに学校関連の行事での利用が挙げられます。大学や高校、一貫校の小学校や、中学校共に少子化の影響で学生を集める努力に対して熱心になりました。それとともに学校を受験する学生の方も多くの学校を見て自分の雰囲気に合った学校か否かを判断してから受験したいという傾向が強まってきました。学校側もよく知ってもらって、マッチした人に来てもらう方が理想的と考えています。
このため多くの機会に、受験する人やその父兄を対象に学校の説明会等の行事が催されます。オープンスクールもその行事の一つで学校の内部を見学できる行事です。

オープンスクールで利用される紙袋

学校説明会やオープンキャンパスでは、参加者に学校案内や入学説明パンフレット、各種の書類やチラシなどを渡す必要があります。学校は学生獲得のためにインターネットのホームページの充実など種々の宣伝活動をしていますが、説明の資料にも工夫を重ね、一般的にはかなりの資料を作っています。
これらの資料を入れて持って帰るには格安でもしっかりした紙袋が必要になります。資料は大半がA4サイズですからA4サイズの資料が簡単にすっぽり入り、中で動いたりしない袋が必要です。また表面には学校の名前がはっきりわかり目を引くような印刷を施してある必要があります。説明会やオープンスクールに参加した人が持って帰るのですから帰りの電車などで人目を引いて宣伝になるような派手なデザインの印刷をするのが理想的です。また結構な量の資料を入れて持って帰っても途中で破けず、紐が破損するようなことが無いような丈夫な素材の紙袋が必要になります。このような紙袋を格安、かつ小ロットで作ってくれる業者に依頼することになります。

オープンスクールで配る紙袋の製作

オリジナルデザインの紙袋の業者は、学校関連に向けたサービスを取り扱っており、ホームページでも各社事例として取り上げています。そのため、デザインやサイズ感のイメージが付きにくい場合には、制作事例を参考にするとよいでしょう。業者によっては、問い合わせると学校関連の制作経験をもとにサンプルを提示して提案し、要望に合わせて設計するような手順で進めてくれることもあります。また、費用面の相談にも応じてもらえる場合があります。ですから、予算の関係で格安で製作したいという場合には、一度条件を話して相談してみるとよいでしょう。最近ではネット上での簡単見積もりができるところもありますので、そういったものを利用するのも便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

小ロットのオリジナル紙袋を格安印刷で

インターネット上ではオリジナル紙袋を小ロットのものを短期間で製作する業者が見つかります。どうやって格安紙袋を小ロットで製作するのでしょうか。全体的には手造りの部分と自動機械を使う部分があり、業者により...

格安で印刷できるオリジナル紙袋の引き出物への利用

結婚式や各種会合での引き出物やお土産の持ち帰り用にも紙袋は使われます。お祝いの席でつかわれるものは、普通の紙袋よりも豪華なデザインになりますので、デザインによって価格が変わってきます。企業のノベルティ...

オープンスクールでも使える格安印刷の紙袋

オリジナルの紙袋の利用で多いものの一つに学校関連の行事での利用が挙げられます。大学や高校、一貫校の小学校や、中学校共に少子化の影響で学生を集める努力に対して熱心になりました。それとともに学校を受験する...